ブログ大和鶴間校

計算力をつけること

おはようございます♪
今日は12月5日(旧暦11月9日)の木曜日。

 

 

朝起きたときには晴れていたのに、今になってお日様が雲に隠れている大和です。そのうち晴れてくるでしょうか。

 

 

そろばんで計算力が上がる。それだけできてどうなるの?と思われる方もいますよね。算数や数学は論理的思考が求められる科目ですが、解くための一番の基礎は四則演算(+-×÷)です。

 

 

とある学習塾の先生が記事を書いていました。

 

 

繰り上がりに代表されるように脳の一時メモリをフル活用するだけでなく、割り算では立てる数字を検討するような高度な「思考スキル」まで必要となってきます。

 

そして、今後出会うほとんどの算数・数学問題は、いくつかの四則演算を乗り越えることで正解にたどり着きます。たとえ数学的な考え方が合っていても、途中の四則演算を一つでも間違えると正解にはたどり着きません。

 

その四則演算スキルを高めるためには、良質な計算問題を正確にはやく、そして数をこなす訓練が必要です。

 

(中略)

 

「計算が正確ではやい」ことは、時間の限られたテストなどで貴重な思考時間を与えてくれるだけでなく、失点を減らすことで進学先の可能性まで広げてくれる大切な「魔法」です。

計算ミスのことをケアレスミスなどといって軽くとらえている人は、それが原因となって点数だけでなく人生までを左右されていることに気が付いていないのです。

 

 

・・・・・

 

 

話が壮大だと感じられるかもしれませんが、「計算が間違いなく正確かつ、早くできる」という事は、かなりの才能になります。やはり、そろばん学習で暗算力をしっかり付けることは、今後の生徒さんたちの力になりますね。

 

 

どんどんチャレンジ!今月は検定を頑張って、年内に進級・昇段しましょう♪

 

 

それでは本日も元気にレッスンしていきましょう~!

 

 

みなこ先生の投稿