ブログ大和鶴間校

うまくいかない原因

 

 

おはようございます♪
今日は1月22日(旧暦12月28日)の水曜日。

 

 

 

どんよりと厚い雲に覆われている寒い大和です。今日は気温もあまり上がらないようですね。外出の際は暖かくしてお出かけ下さいね!

 

 

今日は今年は年に2度しかないと言われているラッキーな日らしいですよ!何かを始めるにはもってこいの日のようです。天気の悪さに気分が落ちていましたが、ラッキーな日にダメですね!気持ちを上げていきましょう😊

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【お知らせ】

大和鶴間校の随時検定試験の申込みは今週金曜日までとなっています。フラッシュ暗算検定も保護者の方に出すのを忘れて受験できなかった生徒さんがいました!お忘れなくお申込み下さい!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

そろばん学習においての「検定」とは、いわゆる学校での「テスト」などにあたるのかと思うのですが、毎回検定に向けての練習をする中で感じていることがあります。

 

 

【検定ががうまくいかない原因】

 

①計画性がなく本番に間に合わない/計画だけ立てて満足してしまう

②自己採点が甘く、間違いや勘違いを見逃す

③間違いの原因を深く考えず、レベルアップの機会を逃す(答えを見て分かった気になる)

④とにかくやればいい!の根性論で、すべての範囲を網羅しようとして結局すべて中途半端に終わる

⑤教えられたことを素直にやらずに、基本を飛ばして自己流でやる

 

 

 

などです。これが全部うまくできたらベストですよね!もちろん合格率もグンと上がります。これを何も教えずにできる生徒さんはほぼいません。これは学校の勉強にも通じることになるので、毎回の検定を少しずつ通じて学んでいってほしいことなのですが、そこに気付けるか気付けないかは大きなものになります。

 

 

 

できれば小学校のうちに自分自身で自分を成長させる術を身に付けてほしいですね。それができると知っているだけでも強みになります。

 

 

 

そろばんを通して学べるものはそろばんやあんざんの技術だけではありません。こういったできたら身に付けたい術も学べると考えています。生徒さんたちが自己成長できるよう、どんどん検定や大会にチャレンジしてほしいです!

 

 

 

本日水曜日は、大森校でのレッスンです。みんな元気に登校してきて下さいね!今日も元気にレッスンしていきましょう〜!

 

 

 

みなこ先生の投稿